博多 ブラック テレビ 広島 デニム 資格 ポテト 年末 スタジオ 出前" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

アメトーーク流行語大賞2016 ノミネート&大賞まとめ!! [テレビ番組]

スポンサーリンク




アメトーーク !年末5時間SPでアメトーーク流行語大賞を発表!!

アメトーーク.jpg


今回で10回目のアメトーーク流行語大賞。

完全に年末恒例の番組となりました。

今年は、17作品がエントリーされました。

ノミネート作品を下から順番に見ていきたいと思います。



17位 

「誰もホメないから追い越して自慢になる」
『エゴサーチ芸人』
(品川祐(品川庄司))

★番組放送後、こうつぶやいてほしいというテーマの際、
「品川さん、後ろの人が喋ってる時、振り返って聞いてて優しい」
と言ってほしいけど、誰も言ってくれない。
自分で言わなきゃいいんだけど、誰も言ってくれないので、
品川さんが言った言葉です。


16位 

「オレの過ごし方」
『芸人体当たりシュミレーション』
(小宮浩信(三四郎))

★足つぼ&アツアツ鉄板PKの際、キッカーの小宮が右足を鉄板上の
小さなシートに置き、左足を鉄板の外に置いた。
それを澤部に注意されるも、攻守交替し澤部がキッカーになった際、
全く同じことをやったので、小宮が澤部にいった言葉です。


15位 

「カタ麺頼んだらバリカタ?」
『家族オカシイ芸人』
博多華丸(博多華丸・大吉))

★急にバリ島でラーメン屋を始めた、パンサー菅のお父さん。
今もバリ島にいると話してるパンサー菅に華丸が言った言葉です。


14位 

「大ふとカチカチストレート」
『観光大使芸人』
(ノブ(千鳥))

★「井原市はデニムの聖地として情報を発信してるので、
お渡ししたデニムをテレビで着用してほしい」
との担当者のコメントを伝えたところ、反論したノブが言った言葉です。


13位 

「空気なので0(Kcal)」
『ついつい食べ過ぎちゃう芸人』
(小杉竜一(ブラックマヨネーズ))

★「口の中ですぐなくなるから空気食べてるのと一緒」と、きなこ餅について
力説する小杉。
カロリーを問われて、100g当たり550kcalあったものの、言い訳として
いった言葉です。


12位 

「髪イってる」
『緊急!広島カープ芸人』
(田中卓志(アンガールズ))

★カープ芸人で優勝ビールかけを行った際、他のカープ芸人に必要以上に髪の毛に
ビールをかけられ田中が言った言葉です。


11位 

「アンビリバボー」
『高校野球大大大大好き芸人』
(山崎弘也(アンタッチャブル))

★ゲストが剛力彩芽さんだったこともあり、名シーンを見た後、この番組では
扱いきれないので、アンビリバボーでって話になった際、ビートたけしさんの
ものまねを始めたザキヤマが言った言葉です。


10位 

「見損なってるだろ、最初から」
『体当たりシュミレーション』
(永野)

★狩野との足つぼPK対決で、ゴール右側に蹴ると宣言したものの、
左側に蹴ってゴールを決めた永野。
「見損ないました」という狩野に対して、永野が言った言葉です。


9位 

「すまんのぉすまんのぉ」
『最新芸人タバコ事情2016』
(大悟(千鳥))

★アイコスを吸ってる狩野が「他人に迷惑をかけてない」といった際、
迷惑をかけてると思いながらタバコを吸ってると力説する大悟が
言った言葉です。


8位 

「声のボリュームとエピソードの内容が釣り合ってない」
『スゴイんだぞ!西野さん』
(博多大吉(博多華丸・大吉))

出前を沢山とってその中で裸でギターを熱唱した、というエピソードを熱く語った西野。
しかし、スタジオもそうですが、当時の現場も全く盛り上がらなかったそうです。
そんな西野に対して、大吉が言った言葉です。


7位 

「編集だ!!」
『まだまだiPhone使いこなせない芸人』
(出川哲朗)

★世界時計にアムステルダムを登録してしまい、消す方法がわからない出川。
メニューを一つずつチェックしていき、削除できそうな項目(編集)を
見つけた際に、発した言葉です。



6位 

「だ・れ・が・や」
『ギター芸人2016』
(後藤輝基(フットボールアワー))

★ギターを引こうとした際、足の短さを指摘される後藤。
「長いですか?短いですか?」と問われたスタジオ観覧者が全員で、
「短い」と答えた後に、後藤が見事にツッコんだ言葉です。


5位 

「ポテフレだけは嫌」
『いつも一緒にいる芸人』
(ケンドーコバヤシ)

ポテトサラダを紹介しあうことで親しくなった、ケンコバとバナナマン日村。
このまま続けると、ポテトサラダだけの関係になってしまう。
そんな関係が嫌なケンコバが言った一言です。


4位 

「♪穴があったら入りたい~」
『ギター芸人2016』
(狩野英孝)

★六股騒動の時期に収録されたギター芸人。
騒動の女の子に歌をつくったかを聞かれるも、否定する狩野。
”今の気持ちを歌に”とギターを渡され、即興で作った歌です。




いよいよベスト3の発表です。



3位 

「ゆりあん」
『ナダル・アンビリバボー』
(ナダル(コロコロチキチキペッパーズ))

★ヒガシ逢ウサカの高見と楽屋で相撲をし、壁を壊してしまったナダル。
後輩芸人のゆりやんレトリィバァが、そのエピソードを語ろうとするも、
それを遮りたいがために、ナダルが何度も発した言葉です。


2位 

「普通はね」
『渡部大好き芸人』
(有吉弘行)

資格をたくさん持ってたり、部屋もスタイリッシュだったりする渡部のとこを
ディスりまくる有吉。
でも、渡部は違うよ。とフォローの意味でいった言葉です。




そして注目の流行語大賞は・・・・






1位 

「クセがスゴイ!!」
『パクリたい-1グランプリ』
(ノブ(千鳥))

★ちょうど1年前に放送された、パクリたい-1グランプリにパクられたい芸人
として出場した千鳥。
クセの強い歌い方をする大悟に対するノブのツッコミの言葉です。


これは、納得の1位ですよね

普通に会話に中で使ったりしますもんね。

ノブさんおめでとうございます。

これきっかけで、本当の意味で千鳥がブレイクするかもしれませんね。


信じるか信じないかは、あなた次第です!!



【関連記事】
アメトーーク大賞2016&各部門の大賞まとめ!!






スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
c

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。