" />
So-net無料ブログ作成

ボートレースクイーンズクライマックス賞金女王決定戦2016、優勝戦結果まとめ [スポーツ]

2016年12月31日。ボートレース平和島で開催されたプレミアムGI

「第5回クイーンズクライマックス(賞金女王決定戦)」最終日。

ついに「クイーン」と「シリーズチャンプ」が決まりした。


まずは、11Rのシリーズ優勝戦の結果からです。


<11R シリーズ優勝戦>

1着 川野 芽唯(1号艇)
2着 水口 由紀(5号艇)
3着 西村 歩(6号艇)
4着 大瀧 明日香(4号艇)
5着 平高 奈菜(3号艇)
6着 池田 浩美(2号艇)

★払い戻し

2連勝単式 1-5 ・・・1,670円
2連勝複式 1-5 ・・・1,700円
3連勝単式 1-5-6 ・・8,970円
3連勝複式 1-5-6 ・・3,630円

侵入は①②③/④⑤⑥の枠なり侵入となります。

コンマ11のスタートを決めた1号艇の川野選手が、
トップで1周1マークを旋回し、そのまま逃げ切り
1着でフィニッシュ。


2着になったのは、1周1マーク展開をついて、
まくり差してきた水口選手。

そのまま直線も伸びていき、川野選手を脅かすシーン
もありましたが、届きませんでした。


昨年のクイーン川野芽唯さんが、シリーズ戦を制しました。

女子ボートレーサーの顔になりつつありますね。

いいボートレーサーが多い、福岡支部というのが
大きいのかもしれませんね。

ちなみに、1着の賞金は70万円です。

もうちょっと上げてもいいんじゃないかと、
個人的には思ってます。


次は、12Rの賞金女王決定戦の結果です。


<12R 賞金女王決定戦>

1着 松本 晶恵(1号艇)
2着 竹井 奈美(2号艇)
3着 長嶋 万記(3号艇)
4着 寺田 千恵(4号艇)
5着 平山 智加(6号艇)
6着 遠藤 エミ(5号艇)

★払い戻し

2連勝単式 1-2 ・・・ 550円
2連勝複式 1-2 ・・・ 410円
3連勝単式 1-2-3 ・・1,870円
3連勝複式 1-2-3 ・・ 680円

侵入は誰も動かず、①②③/④⑤⑥の枠なり侵入となります。

コンマ09のスタートを切った1号艇の松本選手が、
トップで1周1マークを旋回します。

外からまくってきた2号艇の竹井選手が並びかけるも、
直線でわずかに先に出た松本選手が、2マークも先に旋回し、
そのまま逃げて1着でフィニッシュ。

第5代クイーンとなりました。

2着には竹井選手は入りました。

なお、賞金ランキングトップでクイーンズクライマックスに臨んだ
遠藤選手は6着となりました。



正直、クイーンズクライマックスが始まる前は、松本晶恵さんの
優勝は予想してませんでした。

トライアル3戦が、「2号艇」、「2号艇」、「1号艇」と
運に恵まれた部分も大きかったと思いますが、
竹井選手のツケマイを慌てず冷静に対処したレースはお見事でした。

師匠の加瀬智宏さんも喜んでいるでしょう。


松本晶恵選手、おめでとうございました。


【関連記事】
ボートレース(競艇)賞金王決定戦/シリーズ戦2016、最終日優勝戦結果まとめ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アメトーーク大賞2016&各部門の大賞まとめ!! [テレビ番組]

年末恒例となったアメトーーク大賞。これを見ないと年を越せません(笑)


今年も4つの部門の大賞とアメトーーク大賞(グランプリ)が発表されました。


2016年の各部門の大賞とグランプリは以下の通りです。



★流行語部門 大賞

「クセがスゴイ!!」
『パクリたい-1グランプリ』
(ノブ(千鳥))

パクリたい-1グランプリにパクられたい芸人として出場した千鳥。
クセの強い歌い方をする大悟に対するノブのツッコミの言葉です。
永野の「イワシになった人」とのコラボも最高でした。



★衝撃映像部門 大賞

「乙女チックなフジモン」
『ビビリ-1グランプリ』
(藤本敏史(FUJIWARA))

数々のドッキリに対して乙女チックにビビりまくるフジモンが2年連続の受賞です。
ちょっとわざとらしかったりしますけどね(笑)



★事件簿部門 大賞

「ウソの発熱」
『ナダル・アンビリバボー』
(ナダル(コロコロチキチキペッパーズ))

いじられることが大嫌いのナダルがいじられまくります。
そのせいか、咳をしたり、熱が37.8度あると言い張るナダル。
実際に熱を測ることになります。
すると意外や意外、熱が37.6度ありました。
ドヤ顔のナダル。
しかし、番組のテープチェンジ中に相方の西野も熱を測ると、
熱が37.7度ありました。
どうやらスタジオが暑かったのが原因で、熱が高くなったらしい。
番組収録後の隠し撮りで、「熱があってラッキーと思った」と
発言したのが暴露されました。


★反省部門 大賞

「なかなか帰らないザキヤマ」
『ハリセンボン同期芸人』
(山崎弘也(アンタッチャブル))

ハリセンボン同期芸人の、ライスのネタ、パクリたい-1グランプリに、
このためだけに参戦したザキヤマ。
出番が無事終わるも、どうやら帰りたくないらしい。
スギちゃんのものまねをしたり、いろいろボケまくったりで
なかなか帰ろうとしないザキヤマが受賞しました。




そして、最高の栄誉。アメトーーク大賞2016のグランプリは・・・。





なんと[ぴかぴか(新しい)]出川哲朗[ぴかぴか(新しい)]に決まりました。



遅咲き52歳にして、お茶の間の人気者になり、各局で体を張ったり、
噛み倒したり、とリアルガチな活躍ぶりが受賞理由だそうです。


2014年の品川祐(品川庄司)は、あまり他局には出演せず、
アメトーークを第一優先されたことが受賞理由。
(実情は、アメトーーク以外呼ばれない)

2015年の渡部建(アンジャッシュ)は、お笑い界全般で最も
頑張ったのが受賞理由です。


昨年から、アメトーークに限らず、お笑い界全般の活躍から
選出するようになったようです。


しかし、出川が最も活躍したか?っていわれると若干の疑問がわきますが、
賞とは無縁の芸風なので、こういったところで報われて
良かったんじゃないかと思います。

【関連記事】
アメトーーク流行語大賞2016 ノミネート&大賞まとめ!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

アメトーーク流行語大賞2016 ノミネート&大賞まとめ!! [テレビ番組]

アメトーーク !年末5時間SPでアメトーーク流行語大賞を発表!!

アメトーーク.jpg


今回で10回目のアメトーーク流行語大賞。

完全に年末恒例の番組となりました。

今年は、17作品がエントリーされました。

ノミネート作品を下から順番に見ていきたいと思います。



17位 

「誰もホメないから追い越して自慢になる」
『エゴサーチ芸人』
(品川祐(品川庄司))

★番組放送後、こうつぶやいてほしいというテーマの際、
「品川さん、後ろの人が喋ってる時、振り返って聞いてて優しい」
と言ってほしいけど、誰も言ってくれない。
自分で言わなきゃいいんだけど、誰も言ってくれないので、
品川さんが言った言葉です。


16位 

「オレの過ごし方」
『芸人体当たりシュミレーション』
(小宮浩信(三四郎))

★足つぼ&アツアツ鉄板PKの際、キッカーの小宮が右足を鉄板上の
小さなシートに置き、左足を鉄板の外に置いた。
それを澤部に注意されるも、攻守交替し澤部がキッカーになった際、
全く同じことをやったので、小宮が澤部にいった言葉です。


15位 

「カタ麺頼んだらバリカタ?」
『家族オカシイ芸人』
(博多華丸(博多華丸・大吉))

★急にバリ島でラーメン屋を始めた、パンサー菅のお父さん。
今もバリ島にいると話してるパンサー菅に華丸が言った言葉です。


14位 

「大ふとカチカチストレート」
『観光大使芸人』
(ノブ(千鳥))

★「井原市はデニムの聖地として情報を発信してるので、
お渡ししたデニムをテレビで着用してほしい」
との担当者のコメントを伝えたところ、反論したノブが言った言葉です。


13位 

「空気なので0(Kcal)」
『ついつい食べ過ぎちゃう芸人』
(小杉竜一(ブラックマヨネーズ))

★「口の中ですぐなくなるから空気食べてるのと一緒」と、きなこ餅について
力説する小杉。
カロリーを問われて、100g当たり550kcalあったものの、言い訳として
いった言葉です。


12位 

「髪イってる」
『緊急!広島カープ芸人』
(田中卓志(アンガールズ))

★カープ芸人で優勝ビールかけを行った際、他のカープ芸人に必要以上に髪の毛に
ビールをかけられ田中が言った言葉です。


11位 

「アンビリバボー」
『高校野球大大大大好き芸人』
(山崎弘也(アンタッチャブル))

★ゲストが剛力彩芽さんだったこともあり、名シーンを見た後、この番組では
扱いきれないので、アンビリバボーでって話になった際、ビートたけしさんの
ものまねを始めたザキヤマが言った言葉です。


10位 

「見損なってるだろ、最初から」
『体当たりシュミレーション』
(永野)

★狩野との足つぼPK対決で、ゴール右側に蹴ると宣言したものの、
左側に蹴ってゴールを決めた永野。
「見損ないました」という狩野に対して、永野が言った言葉です。


9位 

「すまんのぉすまんのぉ」
『最新芸人タバコ事情2016』
(大悟(千鳥))

★アイコスを吸ってる狩野が「他人に迷惑をかけてない」といった際、
迷惑をかけてると思いながらタバコを吸ってると力説する大悟が
言った言葉です。


8位 

「声のボリュームとエピソードの内容が釣り合ってない」
『スゴイんだぞ!西野さん』
(博多大吉(博多華丸・大吉))

★出前を沢山とってその中で裸でギターを熱唱した、というエピソードを熱く語った西野。
しかし、スタジオもそうですが、当時の現場も全く盛り上がらなかったそうです。
そんな西野に対して、大吉が言った言葉です。


7位 

「編集だ!!」
『まだまだiPhone使いこなせない芸人』
(出川哲朗)

★世界時計にアムステルダムを登録してしまい、消す方法がわからない出川。
メニューを一つずつチェックしていき、削除できそうな項目(編集)を
見つけた際に、発した言葉です。



6位 

「だ・れ・が・や」
『ギター芸人2016』
(後藤輝基(フットボールアワー))

★ギターを引こうとした際、足の短さを指摘される後藤。
「長いですか?短いですか?」と問われたスタジオ観覧者が全員で、
「短い」と答えた後に、後藤が見事にツッコんだ言葉です。


5位 

「ポテフレだけは嫌」
『いつも一緒にいる芸人』
(ケンドーコバヤシ)

★ポテトサラダを紹介しあうことで親しくなった、ケンコバとバナナマン日村。
このまま続けると、ポテトサラダだけの関係になってしまう。
そんな関係が嫌なケンコバが言った一言です。


4位 

「♪穴があったら入りたい~」
『ギター芸人2016』
(狩野英孝)

★六股騒動の時期に収録されたギター芸人。
騒動の女の子に歌をつくったかを聞かれるも、否定する狩野。
”今の気持ちを歌に”とギターを渡され、即興で作った歌です。




いよいよベスト3の発表です。



3位 

「ゆりあん」
『ナダル・アンビリバボー』
(ナダル(コロコロチキチキペッパーズ))

★ヒガシ逢ウサカの高見と楽屋で相撲をし、壁を壊してしまったナダル。
後輩芸人のゆりやんレトリィバァが、そのエピソードを語ろうとするも、
それを遮りたいがために、ナダルが何度も発した言葉です。


2位 

「普通はね」
『渡部大好き芸人』
(有吉弘行)

★資格をたくさん持ってたり、部屋もスタイリッシュだったりする渡部のとこを
ディスりまくる有吉。
でも、渡部は違うよ。とフォローの意味でいった言葉です。




そして注目の流行語大賞は・・・・






1位 

「クセがスゴイ!!」
『パクリたい-1グランプリ』
(ノブ(千鳥))

★ちょうど1年前に放送された、パクリたい-1グランプリにパクられたい芸人
として出場した千鳥。
クセの強い歌い方をする大悟に対するノブのツッコミの言葉です。


これは、納得の1位ですよね

普通に会話に中で使ったりしますもんね。

ノブさんおめでとうございます。

これきっかけで、本当の意味で千鳥がブレイクするかもしれませんね。


信じるか信じないかは、あなた次第です!!



【関連記事】
アメトーーク大賞2016&各部門の大賞まとめ!!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

安倍総理が海外ドラマデビュー?エミー賞ノミネート「ミスターロボット」に出演 [ニュース]

12月15、16日に 来日したロシアのプーチン大統領との歴史的会談。

12月27日午前(日本時間28日朝)には、アメリカのオバマ大統領と共に、
日米開戦の発端地となった真珠湾を訪問して、真珠湾攻撃の犠牲者を
慰霊した安倍晋三首相。

日本経済新聞社とテレビ東京が28、29日に実施した緊急世論調査では、
支持率が64%に上昇するなど、勢いに乗ってます。


そんな安倍首相ですが、海外ドラマにも出演していたのを
御存じでしょうか?


安倍首相が出演した番組は、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」
という海外ドラマです。

もちろん出演は、首相になった後です。


「ミスターロボット」とは、どんなドラマかというと、

『主人公は、セキュリティ会社エンジニアのエリオット。
高度な技術を持っていますが、社会不安障害を患ってます。
そんなある日、凄腕ハッカー集団「f・ソサエティ」にスカウトされます。
「f・ソサエティ」のメンバーとなり、巨大企業をハッキングし、
すべてのデータを破壊、世界を変える計画を実行しようとしたのですが、
最後に衝撃の事実待ち受けていた。』

というようなストーリーのドラマです。


安倍首相が出演したのは、「ミスターロボット」シーズン1の最終話。

安倍首相のまんま出演しています。

安倍首相だけでなく、オバマ大統領やメルケル首相なんかもいます。

実は、ドラマ内で登場するテレビのニュースシーンで、世界の首脳が
会議をしてる場が映されていて、そこに安倍首相が映ってたという
訳です。


なあ~んだ。って思ったかもしれませんが、
結構な時間アップで映ってて、見ててビックリしました。

「ミスターロボット」は、アメリカのドラマなので、それだけアメリカでも
注目されてる人物ってことだと思います。

同じ日本人として嬉しくなってしまいました。


面白いドラマなので、気になった人はみてみたらどうでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ウォーキングデッド シーズン7後半、放送日がついに決定。「24」レガシーも! [テレビ番組]

衝撃的なスタートを切った、ウォーキングデッド シーズン7。

顔をそむけたくなるようなシーンの連続でした。

ウォーキングデッドは、前半と後半に分けて放送されるので、
前半の放送が終わり、今はお休み中です。


ウォーキングデッドシーズン7後半の放送日はいつなのか!?

気になって眠れない夜が続いてる・・。なんて人はいないでしょうが、

知りたがってる人は、とても多いと思います。


そんなウォーキングデッドシーズン7後半の、
放送日時ですが、ついに決まりました。


FOXテレビが日本最速放送です!


2017年2月13日(月) 21:00 スタート/毎週(月)21:00~22:00
※放送日時・放送終了時間は変更となる場合があります。

後半の見どころは何と言っても、打倒ニーガン。

前半の最後に、囚われていたダリルが脱走し、リックやカール、マギーといった
主要キャストらと合流し、打倒ニーガンを誓いました。

そこにエゼキエル王やキャロル達が、どのように加わっていくのか?

第8話で、所々で出てきたブーツの正体は誰なのか?

ニーガンはバットに「ルシール」と名前を付けて大事にしているが、
その訳は?


等々、見どころいっぱいです。


それと、FOXテレビでは、『24:レガシー』も放送決定してます。

こちらも日本最速放送です。


2017年2月7日(火) 21:00スタート/毎週(火)21:00~22:00
※放送日時・放送終了時間は変更となる場合があります。


『24』初のスピンオフ作品で、ジャックバウアーに代わる新たな主人公、
米軍エリート部隊出身のエリック・カーター(コーリー・ホーキンス)が、
史上最大規模のテロからアメリカを救うストーリーとなります。

『24』に関していえば、ほとんどの登場人物がいなくなってるので、
ジャックとクロエが出ない『24』は、もう別ドラマって感じも
しますが、その代わりにというわけでもないのでしょうが、
トニーオブライエンが復活するそうです。

トニーが出るっていうだけで楽しみが増えますよね。


その他にも『プリズン・ブレイク シーズン5』が春にも
放送予定ですし、2017年のFOXテレビは凄すぎます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ジョージマイケルの訃報にワム!アンドリューのコメントと現在。2人の仲はどうだったのか? [ニュース]

今日、久しぶりにワム!のアルバム「メイク・イット・ビッグ」 を聞きました。


ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ

恋のかけひき

フリーダム

ケアレス・ウィスパー

などの名曲の入ったアルバムです。


このアルバムが発売されてから30年以上経つんですが、
今聞いてもカッコいい曲ばかりです。

が、今回は涙が出てきてしまいました。


ワム!は、80年代洋楽ブームで一番好きなアーティストでした。


マイケルジャクソン、マドンナ、デュラン・デュラン等のアーティストが
大活躍しましたが、私の中ではダントツでワム!でした。


ポップでキャッチーな曲も良かったんですが、何と言ってもカッコいい!!


ジョージ&アンドリューは、少年時代の僕の憧れでした。


そんなワム!のジョージマイケルが亡くなりました。


死因は心不全だそうで、ベッドに横たわったまま亡くなっていたそうです。


ワム!解散後も、ジョージマイケルの曲を聞き続けましたが、ゲイ告白等々
色んな問題を起こしたりしたこともあり、徐々に遠ざかっていったのですが、
訃報を聞いたらとても悲しい気分になりました。


マドンナ、エルトン・ジョン、ポール・マッカートニーを始め多くの
アーティストらが追悼メッセージを発表しましたが、私が聞きたかったのは、
もう一人のワム!アンドリュー・リッジリーのコメントです。


アンドリューはツイッターに

「愛する友人Yog(※ジョージマイケルのニックネーム)が亡くなったと聞いて、
胸が張り裂けるような気持ちです。僕や彼の愛した人々、友人、
そして音楽界全体がそう感じているはず。
永遠に愛され続けることでしょう。」

とコメントしました。


アンドリューは現在、サーフィン用具の製造会社の共同経営者を務め、
バナナラマのカレン・ウッドワードと暮らしているそうです。


「愛する友人」とコメントしてるように、今でも二人は交流があったようで、
2年前ジョージマイケルは、イギリスの音楽情報誌のインタビューで、
最後にアンドリューと会ったのは今年(2年前)の初めと回答しています。

アンドリューがジョージの家に来て料理をしてくれたこと
”作付けしない年”に、グラストンベリー・フェスティバルで
再結成する話をしたことなども話しています。


グラストンベリー・フェスティバルは、会場が農地で土地の保護を理由に不定期
で休催年を設けるそうです。

”作付けしない年”とは休催年のことなので、“再結成”はジョーク
ととられてますが、

「人生最大の後悔は?」

の質問には、

「ワム!を解散したこと。」

とも答えています。


もしかしたら、2人は本当に“再結成”を考えてたかもしれませんね。

それも夢となってしまいましたが・・・。



しかし、ジョージの残した曲は永遠に生き続けます。


そして、ジョージとアンドリューの2人が、今まで友人であったことが
わかって嬉しかったです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

有吉ゼミでマエケンが開幕10日前、指10針縫う怪我をした過去を暴露! [スポーツ]

2016年12月26日放送、「有吉ゼミ超豪華年末4時間半SP」に、
ロサンゼルス・ドジャース所属する
マエケンこと前田健太選手が出演しました。


メジャー1年目、32試合に投げて16勝11敗。

1年目での16勝は、2012年のダルビッシュと並び日本人1年目の最多記録でもあり、
ドジャース球団の新人最多勝利記録でもあります。

この活躍で、ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人選手賞)の投票では、
3位にランクインしました。

これだけの大活躍をしたわけですから、日本のテレビ局がほっとくわけがなく、
今オフいろんなテレビ番組でみかけますよね。

有吉ゼミ年末SPにも、ゼミ生として出演しました。


そんな大活躍したマエケンこと前田健太選手ですが、
意外にもリフォームとかやったことがあるらしいです。

ベッドが壊れてしまい、自分で直そうとしたそうです。

それが、開幕10日くらい前だったそうで、しかも失敗してしまい、
指を10針くらい縫う怪我をしてしまったそうです。

左手の人差し指を握りながら話していたので、利き腕ではないようです。

が、メジャーで投げるのになんて不注意な?
って一瞬思ったんですが、メジャー行く前って言わなかったので、
日本でプレイしている時かもしれません。

けど、それでも不注意すぎますよね。

なんといってもピッチャーなんですから。


番組でも、

「ほんと、野球以外はダメね!」


と、司会の有吉弘行さんにツッコまれてしまいます。


広島カープファンの有吉さんは、他にも前田選手のダメなとこいろいろ
知ってるんでしょう。


アメトーーク 『絵心ない芸人』で絵心のなさを披露したりもしてますしね。


そういったお茶目なところもマエケンの魅力の一つだと思います。


けど、ピッチャーなんですから、怪我にだけは十分に気をつけてほしい
ですよね。


日本を代表するピッチャーなんですから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

賞金王決定戦SGグランプリ2016!坂上忍の予想はどうだったのか? [エンタメ]

2016年12月25日クリスマス。

ボートレース界最大のレース、賞金王決定戦(SGグランプリ)優勝戦が
行われました。

25日は有馬記念もあったので、有馬→賞金王シリーズ→賞金王決定戦
の順で楽しんだ方も多かったんじゃないでしょうか。

競馬人気には負けてしまいますが、ボートレースが好きな人も多く、
芸能界でもボートレース好きを公言する人が多いです。

漫画家の蛭子能収さん、アナウンサーの徳光和夫さん、
ブラックマヨネーズの吉田敬さんなんかが有名です。

が、やはり一番有名なのは、坂上忍さんなんじゃないでしょうか。


坂上忍さんのボートレース好きは有名ですが、何と言ってもスゴイのは、
その負けっぷりです。


毎年、その年の有り金すべてをボートレースにつぎ込んでいるのも有名で、
関西テレビで放送された「マルコポロリ!」に出演した際に、
昨年末のボートレース「第30回賞金王決定戦(SGグランプリ)」で、
「6千万円負けた」と明かしています。

有吉ゼミで家を建てたりもしましたが、今年も大活躍しましたので、
かなりの金額を投入したと思います。


賞金王決定戦(SGグランプリ)優勝戦の出走表は、


1号艇:瓜生正義(福岡)
2号艇:菊地孝平(静岡)
3号艇:桐生順平(埼玉)
4号艇:石野貴之(大阪)
5号艇:松井 繁(大阪)
6号艇:辻 栄蔵(広島)

となっていて、


坂上忍さんの予想は、

2-1-4
2-1-6
4-1-2
4-1-6

となりました。


「2号艇の菊地選手は、まずエンジンがいい。
3号艇の桐生選手が仕掛けて、1号艇の瓜生選手が合わせにいき、
そこを菊地選手が差し切る。
3着は、松井選手の後を次ぐであろう今年凄かった石野選手と、
初日から追いかけてる辻選手。」

という予想と、石野選手が頭の計4点を予想しました。


で、結果はどうなったかというと、

1着 瓜生 正義(1号艇)
2着 石野 貴之(4号艇)
3着 菊地 孝平(2号艇)
4着 辻 栄蔵(6号艇)
5着 桐生 順平(3号艇)
6着 松井 繁(5号艇)

となりました。


今年も見事に予想を外してしまいましたね。


グランプリ優勝者表彰セレモニーで、瓜生選手に花束贈呈を
プロ野球川崎宗則選手と行った坂上忍さん。

司会者からの

「2017年もたくさん舟券を買っていただいて。顔見ればだいたいわかりますが?」

の質問には、

「そうですね。僕もムネリンも、ねっ」

と瓜生選手を前に、バツが悪そうに苦笑い。

※川崎選手の予想は、1-6-3(イチローさん)

金額は言いませんでしたが、いくら賭けたのかは?しばらくたったら、
暴露してくれると思います。


もしかしたら、坂上忍さんの負けた金額が、そのまま瓜生選手の
優勝賞金(1億円)に!?なんてこともあるかもしれませんね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボートレース(競艇)賞金王決定戦/シリーズ戦2016、最終日優勝戦結果まとめ [スポーツ]

2016年12月25日クリスマス。

ボートレース住之江で開催の賞金王決定戦/シリーズ戦は、いよいよ最終日。


ついに、グランプリとシリーズ戦のチャンプが決まりした。



まずは、10Rの順位決定戦の結果からです。


<10R 順位決定戦>

1着 池田 浩二(5号艇)
2着 篠崎 仁志(1号艇)
3着 坪井 康晴(3号艇)
4着 太田 和美(4号艇)
5着 山崎 智也(2号艇)
6着 井口 佳典(6号艇)

★払い戻し

2連勝単式 5-1 ・・・ 4,530円
2連勝複式 1-5 ・・・ 770円
3連勝単式 5-1-3 ・・15,840円
3連勝複式 1-3-5 ・・ 730円


侵入は①②/③④⑤⑥で、スタートはほぼ横一線でした。

1周1マークをまくり差した池田選手と、1号艇篠崎選手が
競り合います。

2マークを先にまわった池田選手に、差してきた篠崎選手が
並びかけますが、わずかに届かず。

そのまま、池田選手が逃げ切り1着フィニッシュ。

最後に艇界一のテクニックを見せつけました。



次に、11Rのシリーズ優勝戦の結果です。


<11R シリーズ優勝戦>

1着 今垣 光太郎(1号艇)
2着 重成 一人(3号艇)
3着 寺田 祥(6号艇)
4着 齊藤 仁(2号艇)
5着 白井 英治(4号艇)
6着 石渡 鉄兵(5号艇)

★払い戻し

2連勝単式 1-3 ・・・ 470円
2連勝複式 1-3 ・・・ 370円
3連勝単式 1-3-6 ・・2,410円
3連勝複式 1-3-6 ・・1,570円


侵入は誰も動かず①②③/④⑤⑥の枠なり侵入となります。

コンマ08のトップスタートを決めた1号艇の今垣選手が、
危なげなく逃げ切り、初のシリーズ戦優勝を決めました。

2010年チャレンジカップ以来、6年ぶり9度目のSG優勝となります。

1周1マークまくっていくも届かなかった重成選手が2着。

悲願のSG初制覇とはなりませんでした。



最後に、12Rの賞金王決定戦(グランプリ)優勝戦の結果です。


<12R GP優勝戦>

1着 瓜生 正義(1号艇)
2着 石野 貴之(4号艇)
3着 菊地 孝平(2号艇)
4着 辻 栄蔵(6号艇)
5着 桐生 順平(3号艇)
6着 松井 繁(5号艇)

★払い戻し

2連勝単式 1-4 ・・・ 740円
2連勝複式 1-4 ・・・ 610円
3連勝単式 1-4-2 ・・2,290円
3連勝複式 1-2-4 ・・ 530円


スタート展示では松井選手が動くも侵入を許さず、①②③④⑤/⑥となります。

本番でも枠なりになるのかと思いきや、ここでも松井選手が動いてきて、
侵入は①⑤②/③④⑥となりました。


トップスタートは、コンマ08の瓜生選手と菊地選手。2コースの松井選手が
ややへこんだ形になりました。


好スタートの瓜生選手が、1周1マークをトップで旋回し、そのまま危なげなく
逃げ切り1着でフィニッシュ。

はじめてグランプリを制しました。


シリーズ戦優勝の今垣選手同様に、9度目のSG優勝となります。


2着には、1周1マークを切れ味鋭くまくり差してきた、石野選手が入りました。


瓜生選手にとっては、スタートのはやい菊地選手が2枠だったほうが嫌だったと
思います。

2枠に入った松井選手のスタートがやや遅れたことも、有利に働きましたね。


今回のグランプリは、瓜生選手は運にも恵まれてたように感じます。

トライアルでも好枠でのレースが続きました。

今日12月25日は、奥さんの誕生日だそうで、よい
「クリスマスプレゼント&誕生日プレゼント」になるように、
神様も味方したんじゃないでしょうか。


今垣光太郎選手、瓜生正義選手、優勝おめでとうございました。



【関連記事】
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016初日まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、2日目まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、3日目まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、4日目まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、5日目まとめ
ボートレースクイーンズクライマックス賞金女王決定戦2016、優勝戦結果まとめ



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、5日目まとめ [スポーツ]

2016年12月24日クリスマスイブ。

ボートレース住之江で開催の賞金王決定戦/シリーズ戦は、5日目となります。


トライアル2nd運命の最終戦。

明日の優勝戦進出を目指して本日も熱い戦いが繰り広げられました。


まずは、出走表から。


こちらが24日、トライアル2nd最終戦の出走表になります。

<11R>
①瓜生 正義(福岡)
②松井 繁 (大阪)
③太田 和美(大阪)
④辻 栄蔵(広島)
⑤坪井 康晴(静岡)
⑥石野 貴之(大阪)

<12R>
①山崎 智也(群馬)
②池田 浩二(愛知)
③井口 佳典(三重)
④桐生 順平(埼玉)
⑤篠崎 仁志(福岡)
⑥菊地 孝平(静岡)



そして24日、トライアル2nd最終戦の結果になります。

<11R>
1着 瓜生 正義(1号艇)
2着 松井 繁 (2号艇)
3着 辻 栄蔵(4号艇)
4着 石野 貴之(6号艇)
5着 太田 和美(3号艇)
6着 坪井 康晴(5号艇)

★払い戻し
2連勝単式 1-2 ・・・ 360円
2連勝複式 1-2 ・・・ 290円
3連勝単式 1-2-4 ・・1,100円
3連勝複式 1-2-4 ・・ 480円

侵入は枠なりの①②③/④⑤⑥。好スタートをきったのが1号艇の瓜生選手。
1周1マークをトップで旋回します。
差しを狙った2号艇の松井選手が一瞬差したか?と思ったが、
わずかに届かず。
そのまま、瓜生選手、松井選手の順でフィニッシュ。


<12R>
1着 桐生 順平(4号艇)
2着 池田 浩二(2号艇)
3着 山崎 智也(1号艇)
4着 菊地 孝平(6号艇)
5着 篠崎 仁志(5号艇)
6着 井口 佳典(3号艇)

★払い戻し
2連勝単式 4-2 ・・・ 4,120円
2連勝複式 2-4 ・・・ 1,690円
3連勝単式 4-2-1 ・・10,750円
3連勝複式 1-2-4 ・・ 460円

初の優勝戦進出を目指す5号艇の篠崎選手、優勝戦1号艇を狙う6号艇の菊地選手が動き、
侵入は①②⑤⑥/③④となります。スロー勢は侵入が深くなりました。

トップスタートをきった3号艇の井口選手が、昨日の菊地選手のように
5枠から内に絞ってきます。
まくらせないよう抵抗する菊地選手と井口選手がやりあいます。

1周1マーク、1号艇の山崎選手が膨らんでしまい、差してきた2号艇池田選手と
まくり差してきた4号艇桐生選手が激しくトップ争いをします。

競り合いを制した桐生選手が見事トップでゴール。優勝戦進出を決めました。



トライアル2nd 最終戦終了時点の得点率ランキングです。

順 位 レーサー名 1日目
着順
2日目
着順
3日目
着順
得点 減点
1 瓜生 正義 1 3 1 27
2 菊地 孝平 2 1 4 25
3 桐生 順平 2 6 1 23
4 石野 貴之 1 4 4 22
5 松井 繁 3 5 2 21
5 辻 栄蔵 5 2 3 21
7 篠崎 仁志 4 2 5 20
7 山崎 智也 4 3 3 20
9 坪井 康晴 6 1 6 18
10 太田 和美 3 6 5 16
11 池田 浩二 5 4 2 20 7
12 井口 佳典 6 5 6 13

※1着10点、2着9点、3着7点、4着6点、5着5点、6着4点


そして、注目の優勝戦と順位決定戦の出走表です。


<10R 順位決定戦> 
①篠崎仁志(福岡)
②山崎智也(群馬)
③坪井康晴(静岡)
④太田和美(大阪)
⑤池田浩二(愛知)
⑥井口佳典(三重)

<12R GP優勝戦> 
①瓜生正義(福岡)
②菊地孝平(静岡)
③桐生順平(埼玉)
④石野貴之(大阪)
⑤松井 繁(大阪)
⑥辻 栄蔵(広島)

注目の優勝戦1号艇は、瓜生選手になりました。
前走のGI全日本王者決定戦(開設63周年記念)でも優勝し、トライアルでも
好枠での出走が続きました。実力だけでなく運も味方をしてるように思います。

個人的にも「正義のヒーロー」瓜生選手に勝ってほしいと願ってます。

しかし、すんなり勝てるほど甘いメンバーはいないですし、誰が勝っても
おかしくないと思います。

舟券的には難しいけれど、一番面白いのが、グランプリ(賞金王決定戦)。

明日はどんなレースになるのか楽しみですね。

【関連記事】
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、初日まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、2日目まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、3日目まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦2016、4日目まとめ
ボートレース(競艇)賞金王決定戦/シリーズ戦2016、最終日優勝戦結果まとめ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
c

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。